カビをなくして快適な夏!② 寝室の隅も念入りに片付けて。

沖縄は、今週は週明けからずっと雨。
お日さまを待っていたけれど期待は持てず、洗濯物、除湿機で乾かすことにした。

そんな中、来週早々に冷暖房機の清掃に業者さんが来てくれることになった。

で、それには作業をしやすくするために、機械の設置個所のそばを片付けておく必要がある。

移住の折、持ってくる家具は最小限にしぼりたかったが、仏壇や小さな桐のタンス、キッチンまわりの簡易戸棚、大型テレビとそれを支える台座などは持たざるを得なかった。

特に、テレビはひとりで見るには大きすぎて、こちらで調達するつもりだったが、あとから来るはずだったつれあいにすすめられ持たざるを得なかった。
途中不具合が起きれば、とっくになくなっているものだが、いまもって健在だ。

このテレビと台座。今回の清掃箇所のそばにある。
そこは寝室の一部でもあり、当日を待たず片付けておくのも悪くないなと思い、急きょ断捨離清掃することにした。

                    ◎

私はふだんから、消耗し、使えなくなったタオルシーツを細かく切っては雑巾にしているが、今回も大小10枚ほどを作っておいた。
作るといってもただ切るだけ。汚れがひどくなったりなど使い道によっては処分するようにしているので縫ったりはしない。この雑巾、今回も活躍してくれるはず。

次にテレビの台座の中にある本などを整理した。読まなくなった文庫本はフリーマーケットなどへ。

東京にいたときは、納戸に入りきれないほどの本があった。

いまは手放せないわずかの本が、ほんの少しあるだけ。
読みたい本はめったになくて、あったとしてもネットで古本を買ったりして衝動買いはしない。
とにかく、ものは増やしたくない。

                    ◎

そして最後、台座の後ろまわりの清掃をし、壁寄りにテレビごと動かせるようにした。

できればこの際、テレビと台座がなくなれば、とも思ったけれど・・・。

東京では、庭で大きなビワの樹や、たくさんのハーブを育てていたので、移住後は、庭のないさびしさを感じることはあるけれど、アパートのひとり暮らしは広すぎず、狭すぎずちょうどよい大きさで、ものも少なく気に入っている。

移住の際に、たくさんのものを処分したためか、沖縄という土地柄のせいもあってか、ものを必要としない気持ちが身についてしまったようだ。

ものがなければないほど気持ちはクリアになり判断力も養える。何より災害などの非常時には身軽になれる。

来週が待ち遠しい。

                     ◎


タオルシーツから切り取った雑巾。
DSCN3339.jpg


定位置のテレビと台座。テレビのスクリーンに布をかけて
いるのは、気が散らないためと、目を保護するため。
DSCN3353.jpg


壁側に寄せてみたテレビと台座。いらなくなった文庫本。                        
DSCN3360.jpg

にほんブログ村テーマ 断捨離でゆとり生活へ
断捨離でゆとり生活
にほんブログ村テーマ 家事が楽しくなるモノ・工夫へ
家事が楽しくなるモノ・工夫
にほんブログ村テーマ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす
にほんブログ村テーマ 健康へ
健康

スポンサーサイト

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 70歳代

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。

2017-06-18 07:46 : 家事 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

chizu

Author:chizu
2011年東京から沖縄に移住しました。折にふれ、日々の暮らしのなかで気づいたことを書いています。

月別アーカイブ

ブログ村

ランキングに参加しています。 クリックありがとうございます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

旧ブログはこちらです。

ローフードキッチン チヅ かりゆし http://raw0903.ti-da.net/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる