フランスのお惣菜、「ラタトゥイユ」が主役の夕餉はご馳走♪

ゴールデンウィークの一日、娘のつれあいのH君手作りのラタトゥイユのおすそ分けをいただいた。
忘れられないおいしさだった!

ラタトゥイユはフランスのお惣菜。
トマトをベースにいまが旬の野菜を軽く炒めたあと、それぞれの野菜が柔らかくなるまでじっくり煮込む。ただそれだけの簡単なもの。

ずっと以前から作ってみたいと思っていたところ、H君に先を越された。
仕事の傍ら、料理も得意なH君。
食材から出る味にこだわるラタトゥイユ。
ほんの少しの塩を隠し味に、ハーブの風味、トマトの酸味が絶妙に野菜を包み、おいしいかったぁ~

そして、ついに、私もラタトゥイユを作った。あり合せの、いまが旬の野菜たちで自己流に。
恥ずかしながら、生まれて初めて作ったラタトゥイユ。
おいしく出来た!
H君にはかなわないけれど満足のゆくものだった。

食習慣の根底に、長く続けていたベジ(野菜)中心の気持ちがいまも残っている。
油や肉魚を極端に避けてきたむかし。
それが、環境の変化と共にこわれ、いまはなんでもいただくようになっている。
今回は肉や魚は使わなかったけれど、ラタトゥイユもそんな食習慣の変化のなかで生まれた。

「おいしかったよ!」
お返しのおすそ分け、そういってくれた娘たち。
うれしかった♪

ありふれたお惣菜。
思いがけないご馳走の夕餉になった。
                    
                   ◎

写真、時計回りに。サラダと鶏もも肉のローズマリー煮、もずくと納豆、ラタトゥイユ。
DSCN5341.jpg

写真左。ラタトゥイユ調理前(トマト、ナス、玉葱、キュウリ、ピーマン、にんにくを荒くきざみ、オリーブオイルで軽く炒めてから、、タイム、有機ローレル、塩少々を入れ、じっくり煮込む。あればキュウリの代わりにズッキーニを)。
同右。煮込んだ鶏もも肉調理前(醤油とみりん、生姜とにんにく少々、ローズマリーを入れたタレに三時間ほど漬け込んだ)。
DSCN5338.jpg


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 70歳代
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。

にほんブログ村テーマ 沖縄へ
沖縄
にほんブログ村テーマ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす
にほんブログ村テーマ 健康へ
健康
にほんブログ村テーマ ヘルシーレシピへ
ヘルシーレシピ
にほんブログ村テーマ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活

スポンサーサイト

2018-05-12 07:40 : 料理 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

chizu

Author:chizu
2011年東京から沖縄に移住しました。折にふれ、日々の暮らしのなかで気づいたことを書いています。

ブログ村

ランキングに参加しています。 クリックありがとうございます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

旧ブログはこちらです。

ローフードキッチン チヅ かりゆし http://raw0903.ti-da.net/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる