FC2ブログ

大阪北部地方地震から、日頃の備えを点検し直しています!

DSCN5627.jpg

このたび、何の前触れもなく大阪北部地方に起きた地震に遭われたみなさま、ほんとうに大変です。
こころよりお見舞い申し上げます。
これ以上の揺れなど起きませんように。
ライフラインの復活などなど、いつもの暮らしに一日も早く戻られますように、お祈りしております。                  



このたびの地震で、やはり思い出されるのは阪神淡路と東日本の大震災、直近の熊本地震のこと。
大阪の今回の地震では、阪神淡路の震災を経験された方もおられ、そのこわさはいかばかりかと思う。

東日本の震災は、原発災害と重なる未曾有の事故だった。
なのに、起きてたかだか7年しかたっていないのに、遠いむかしのことのように忘れ去られようとしている。
いや、忘れているわけではなくとも、あのときの生々しさが薄れてしまったというのがほんとうだろうか。
あの日を起点に、ぬちどう宝(沖縄でいう、「命こそ宝」)ということばに目覚め、過去を捨てる覚悟でここ沖縄に移住したかくいう私も、忘れることしばしばである。

正常性バイアスをかけているつもりはないけれど、心配ないということばが耳元でささやく。
緊張とは、それほど続くものではないのだろう。

◎ 

私のブログをご訪問いただいている方のブログに、今回の地震に遭われ、混乱されておられるご様子が綴られていた。
ライフラインは止まらなかったものの、災害のための備えをしていなかったことへの反省から、揺れの瞬間のこわさまで、胸につまされ苦しくなった。
給水車の助けもあるにはちがいないが、コンビニの水も底をつき、どんなにか不安であられたかと思う。

沖縄は地震への危機感が薄い。
むかし大地震があったというけれど、本土のように頻繁に地震はなくて備え意識も薄い。
が、熊本にも見るように、ないと思っていた所にも活断層が走っていた。沖縄とて例外ではない。

で、ここ数日は日頃の備えの再点検を始めた。
まずは、賞味期限が切れそうな水や食糧の点検から、お風呂の浴槽の水張りまでを。

時折断捨離しては、物を減らしているけれど、それでも物がある。
揺れの瞬間には、物によっては小さな物でも先を塞いで、けがのもとになりかねない。
理想は、物は少なければ少ないほどがよいのだけれど、ひとといういきものは、なぜ、こうも物をたくさん持っているのだろう。

この機を逃さず、断捨離もまた、少しずつ始めたい。

ただし、ほんとうにこわいのはこころの揺れ。
そのことを忘れずにいなくては。



一日ひとり1リットル以上は使うとして2リットル入りペットボトルを常時1ダース以上確保している。
賞味期限は時々点検しているけれど、今回も、一年前のものを入れ替えた。
DSCN5600.jpg

浴槽には、入浴の都度、使ったあとのお湯をそのまま溜めている。
容量、もう少し増やしてもいいのかな、と思う。
DSCN5605.jpg


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 70歳代
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。

にほんブログ村テーマ<span style= 沖縄へ" />
沖縄
にほんブログ村テーマ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす
にほんブログ村テーマ 健康へ
健康
にほんブログ村テーマ ヘルシーレシピへ
ヘルシーレシピ
にほんブログ村テーマ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活

スポンサーサイト

2018-06-21 14:19 : 備え : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
初めてコメントします。

今回の大阪北部地震
震度6弱の地域に住んでおります。
ありがたい事に余震は
日に日に落ち着いてきておりますが
今朝も1度、震度1の余震がありました。
震度の大きさに関係なく
とりあえず、今は物音にすごく敏感になって
睡眠がうまく取れない状態になっています。。。

「こころの揺れ」という言葉が
とても響きます。
いくら余震が落ち着いてきても
これで安心と言えないのが
地震の怖さですよね。

備えをきっちりされてるご様子で
感心いたします。
それはどこに住む人も
絶対しておく方が良いと思います。

片付けが苦手な方なのですが
断捨離はしていかないといけないと
最近本気で思い始めています。
2018-06-22 11:20 : ぴい URL : 編集
No title
ぴいさま

大変なときにコメントありがとうございます。
落ち着いて、ふつうに外出もされておられ良かったです。
よくおやすみになれないご様子、ほんとうに大変ですがどうかくれぐれも御大切に。ご無理をされませんように。

3.11の東日本のときは、私は早朝から地下鉄を乗り継いで出かけていました。居住地からかなり離れた東京でも地盤が弱いとされていた目黒でした。所用が終わり、帰りがけに昼食をとり終わったところで震度5強の地震に遭いました。
忘れもしないあの2時46分です。
60数年(あの当時は)の人生で経験したあの揺れ、こわくてこわくてレストランの従業員の方と抱きあっていたのを今でも忘れません。
心配した家人が車で迎えに来てくれて、帰宅したのは午前0時過ぎ、翌日になっていました。

それから、人生180度、思いもかけないことになってしまいましたが、沖縄は沖縄で大変なことがいっぱい。どこにいてもいのちほど大切なものはない、と思い続ける毎日です。

お母さまも、どうぞくれぐれも御大切に。
地震の揺れ、一日も早くなくなって、安心してお休みになれますように。

                             chizu






2018-06-22 17:02 : chizu URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

chizu

Author:chizu
2011年東京から沖縄に移住しました。折にふれ、日々の暮らしのなかで気づいたことを書いています。

ブログ村

ランキングに参加しています。 クリックありがとうございます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

旧ブログはこちらです。

ローフードキッチン チヅ かりゆし http://raw0903.ti-da.net/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる